沖縄ショップ 癒しエンタメ

癒しを求めて多くの観光客が沖縄本島、石垣島、西表島を訪れています。これらは南の楽園であり、生活様式, 伝統文化などをお届けしています。さらに癒しに欠かせないあらゆる癒しグッズを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ(仮想社会)にはまっています

セカンドライフで自分の夢が実現できそうなので、はまっています。
簡単に紹介しましょう。

セカンドライフ(SL:Second Life)の概要

1.SLのイメージ
(1)SLとは
仮想社会であるセカンドライフ(Second Life) は、別世界を創造し発展させていく、コンピュータ上の永続的な 3D オンライン空間で想像できる、あらゆるものを創造し実現できるものます。
つまりネットワーク上の3D仮想社会のコミュニティでの生活がセカンドライフです。

(2)SL生活とリンデンドル(L$
CGで作られたアバター(化身、分身)を用いたチャットや買い物などができるメタバース空間(3D仮想世界)で生活します。
何万エーカーにも広がる本物そっくりの世界に完全に入り込みます。 3D コンテンツを設計し販売する能力と、土地とリンデンドルと呼ばれる通貨単位 (実際の現金に交換可能) を所有し、仮想社会を開発する能力とを組み合わせ、SL上に本物のビジネスを構築することができます。
リンデルドルの為替レートは、現在1米$換算で約270L$です。
現実社会であるリアルライフ(Real Life)では、団塊世代や熟年世代の第二の人生がセカンドライフを意味していました。

2.SLの内容
SLでは理想の自分を作る、世界中の人とコミュニケーション・会話する。家を建てる、商売をするなどができます。
(1)理想の自分を作り楽しむ
自分のことをアバターと呼び、顔をかっこよくしたり、足を長くしたり、体のスタイルをよくしたり、動物顔にしたりと理想の自分を作ることができます。
また、着物を着たり、アディダスの靴を履いたり、しっぽをつけたりと服装なども自由に変えられます。
SL上にはいろいろなショップがあり、数多くの商品が売られています 。

(2)世界中とコミュニケーション出来る
 チャットやIM(インスタントメッセージ)で、いろいろな外国語でも、日本語でも対話できます。通訳機能もありますので世界の人々の付き合いもできます。チャットは不特定多数との、IMは1対1のコミュニケーションができます。
さらに自分の気持ちを表現するのに身振りや拍手などのジェスチャも使えます。

(3)家を建て、商売する
 SL上に土地を購入し、マイホームを持つことが出来ます。SL上の土地の単位はSIM(256m×256m)で、島またはリ-ジョンとも呼ばれています。
地主になるためには、初期20万円、月36000円のとても高い費用が必要ですので、お金が無い場合は地主から、一定区間の土地を月数百円から数千円くらいので割安値段で借りることができます。
その土地に、アットホームな家を建てるなり、庭付きの純和風建築物を建てるなり、ショッピングセンターを建てて商売をするなり、娯楽やレジャーや癒しセンター、カジノなどいろいろなことができます。

(4)商売のいろいろ
 SL最大の特徴は、商売することができることです。例えば次のようなものがあります。アイデア次第で、何でもできます。
1)不動産ビジネス
初期20万円、月36000円かかりますが、土地(SIM)を買い、マイホームを作りたい、いろんな人に区画を分けて貸し出すビジネスです。
2)ガイドビジネス
世界中のいろいろな建築物や企業の建物、観光スポットを案内するビジネスです。
3)建築ビジネス
オリジナリティあふれるかっこいい建物をつくってあげるビジネスです。
4)癒しサ-ビス・デザインビジネス
癒しに関する商品、観光ツアー、ホテル、イベント、自然葬などのサービスを行います。

3.SLマーケット
(1)SLのユーザー数
英語圏のユーザーが多かったのですが、日本語版が2007年7月にリリースされたので日本のユーザーも増えだしています。
約12万人  (2006年12月)
約440万人  (2007年5月)
約1300万人 (2007年12月予想)
約9万人   (2007年5月のビジネス対象ユーザー)

(2)市場規模
まだSL黎明期ですが、1日に2億円以上の金が動いている市場になっています。
現金取引額 約2億1000万円(2007年6月:1日当り)
両替額   約2600万円(2007年6月:1日当り)
換金レート 1000L$=約420円
1米$   =約270L$

(3)先行者利益の事例
SLビジネスは約30年前のパソコンビジネス、約10年前のインターネットビジネスの黎明期に類似しており、パソコンビジネスでのマイクロソフトやアップルやオラクル、またインターネットビジネスでのヤフーや楽天に相当する新しいSL企業が創業されようとしています。
次に紹介する先行者利益を得ているSL企業が生き残れるかどうかは分かりませんが、経営者しだいで発展するかもしれません。
1)不動産ビジネス
リアル社会での不動産ビジネスは、土地を購入し地価が上がれば転売して差額を得たり、マンションやお店などを建てて賃貸料を貰うなどをしています。
SL社会でも同じように土地を転売したり、また区画整理した土地やテナントをレンタルするビジネスです。
 アンシェ・チャン氏は、2007年5月のビジネスウイークの表紙を飾る最初の百万長者になり、1億円の資産を短期間に得ましたが、2年前の年収は1万円だといわれています。
2)デザインビジネス
エイミー・ウェバー氏は、服飾デザインをやり、それが評価され現在は建築デザインや建物の内装デザインを手がけて成功しています。

4)大企業の参加
今年に入って多くの大企業も商品の広告をSL社会に出し、特に日本企業も参加し始めています。
しかし大企業には目新しいアイデアはあまり無いのは、ビジネスの黎明期の特徴で、新しい企業が誕生する予兆を感じます。
1)自動車メーカー
自動車は高額なので、試しに所有し乗車の疑似体験をして楽しんでから、実物を手に入れてもらうことに工夫をしています。
日産は自動販売機で自動車を購入しカスタマイズしてたのしめます。
トヨタはサイオンというモデルを手に入れテストドライブができます。
BMWは水素とガソリンで走るエコカーを展示しています。
2)情報産業
IBM,マイクロソフト、ソフトバンク、サイバーエージェントなどが商品の広告を主として行っています。
3)その他
広告代理店の電通、旅行業界のHIS、ミュージック業界のソニーBMG,東芝EMIなども参入しています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suzusige48.blog52.fc2.com/tb.php/27-e5fcf1d4

 | HOME | 

AdSense

ジャパネットたかた

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

富士通

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

NEC

NEC ノート(LaVie G タイプN)

ソニー

Sony Style(ソニースタイル)

デル

デル株式会社

大丸

大丸より大切な方へのギフト、ご自宅用にワンランク上のフラワーをご紹介

高島屋

高島屋

伊勢丹

Caves.I 125*125

プロフィール

しげりん

Author:しげりん
沖縄の伝統文化、名産品、イベント、観光情報などを癒しエンタメとして紹介しています。

QRコード

QRコード

FC2アフィリエイト

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。